レーシックの費用と生命保険


保険の契約内容にもよるので、一概にはいえませんが、医療保険や生命保険に加入している人の場合、レーシックの費用に保険が給付される場合があります。

保険が給付されるかどうかは契約している生命保険会社に確認してみると良いでしょう。

レーシックは正しくは「レーザー角膜屈折矯正手術」といい、給付の金額は一般的に5〜10万円ほど給付されることがあります。

保険会社に問い合わせる場合は、「レーザー角膜屈折矯正手術」、「エキシマレーザー角膜屈折矯正手術」などの言い方で問い合わせしましょう。

給付請求の際は、医師の診断書が必要になりますので、各クリニックに相談してみてください。
※診断書をもらうには3000〜5000円ほどかかるようですので注意してください。


医療費控除

また、レーシックの手術費用は、確定申告のときに、医療費控除の対象となる場合があります。

医療費の控除とは、

@納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費で、

Aその年の1月1日から12月31日までに支払った医療費

で医療費が10万円を越える場合あれば、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のことです。

手続は、
医療費の支出を証明する書類を添付して、医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して行います。

医療費の支出を証明する書類というのは、領収書ということになりますので、レーシックを受けた際は、クリニックから領収書をもらい、保管しておいてください。

実際に、控除の対象になるかどうかは、近くの税務署に問い合わせてください。


最近ではレーシックの費用は業界の努力で昔に比べて、ずいぶん安くなってきています。もちろん安さだけでクリニックを選んではいけませんが、金額面も気になることは事実です。

このように保険の給付または控除などを上手に使うことができれば、レーシックの費用の負担も軽減できそうです。

また、品川クリニックなどは遠方からレーシックを受けにくる人に対して、補助費用など出していますので、遠方の方にはメリットがありますね。