術後の生活は?

スポンサードリンク


レーシック手術を受ける前に、手術後の生活についても知っておきたいものです。

目の手術とはいっても、レーシックは短時間で回復することに利点があります。

ですから、術後に長期間休みをとらなければいけないなどの空白期間の心配などは不要です。

ですが、やはりいくつか気をつけた方が良い点などを説明していきます。


仕事はどれくらいでできるか?

忙しい人にとって、一番気になるのがこの点でしょう。
目安としては、仕事は翌々日から可能です。

(ただ、実際にはレーシックは翌日から効果が出る人が多いので、翌日から軽く仕事をしている人もいます。)

パソコン作業など眼をかなり使う作業は無理をしない程度に行いましょう。
ハードな仕事は3日後からにしたほうが無難です。
また、エピレーシックはレーシックより安定に時間がかかるので、状態が安定した4日〜1週間程度後からが望ましいです。

入浴やシャワー・洗顔・メイクについて

入浴やシャワーは翌日から入れますが、しばらくは顔を濡らさないようにする必要があります。
洗顔は、翌々日から。それまではタオルで拭くなど、目に水が入らないようにしてあげてください。
アイメイクは異物が入らないように一週間後から。


車やバイクの運転について

術後の視力に慣れるまで、車やバイクの運転は控えてください。
特に夜間は、光がまぶしく感じられたり、視力の低下を感じることがあるので、しばらく運転は控えましょう。
運転以外の飛行機での移動などは翌日から大丈夫です。


スポンサードリンク


喫煙や飲酒・パソコンなどの生活習慣


回復力が低下していることがあるので、念のためタバコや飲酒は3日後からです。
パソコンや読書も目が慣れるまでは無理しないことが大切です。

<術後の運動について>

術後の運動についてはすこし気をつける必要があります。
レーシックの術後しばらくは目をぶつけないようにしないといけないからです。

基本的に軽い運動は1週間後から、激しい運動は1ヶ月後からが目安になります。
ただ、軽い運動かどうかは人によることもあるので、気になる場合は医師に相談して行いましょう。

軽い運動の例/1週間後から:ジョギング、ゴルフ

激しい運動の例/1ヵ月後から:陸上、球技、ウインタースポーツ、マリンスポーツ、格闘技

いずれの運動をするにしても、目をぶつけたりしないように注意しましょう。


また、格闘技などの激しい運動をする方はレーシックよりエピレーシックの方が向いています。