レーシック手術の流れ

スポンサードリンク


レーシックを受けることになるとどのような流れになるのか解説していきます。
各クリニックによって差がありますが、大体の流れは以下のようになります。


1.検査の予約

2.来院して適応検査

3.カウンセリング

4.施術

5.施術終了


1.検査の予約

レーシックは当然ながら当日来院して手術というわけにはいきません。
レーシック手術に適しているかどうかの検査を受けることになりますので、まずは検査の予約を取りましょう。


2.適応検査を受ける

国家資格を持った視能訓練士が検査を行い、屈折力や眼圧、角膜形状、視力、角膜内皮細胞計測など様々な種類の検査を行います。

所要時間の目安は3〜4時間です。

検査前の注意事項としては、コンタクトレンズの使用制限があることです。
これはコンタクトレンズを使用すると角膜の形状が一時的に変化してしまうためです。
ソフトレンズは1週間前から、ハードレンズは2、3週間前から使用を中止する必要があります。(詳しくは各クリニックにご確認ください。)

3.カウンセリング

検査のデータを下に目の状態を分析して、レーシックを受けることができるかなどのカウンセリングを行います。
このとき、レーシックを受ける上での疑問や不安などはきちんと確認しておきましょう。

スポンサードリンク


4.レーシック手術

レーシック手術は、まず点眼麻酔から始まります。
その後、フラップの作成→レーザーでの屈折矯正を行います。
消毒が終わったら、終了です。

レーシックの手術の所要時間は10分から20分程度で終了します。
終了後、すこし休んで問題がなければ、そのまま帰宅できます。


5.術後の定期健診

クリニックによりますが、レーシックが終了した後に定期健診を行っている場合もあり

ます。
1ヶ月後くらいまでで視力が安定するといわれていますが、合併症やその他症状が出た場合にも定期健診を受けていれば安心です。


この流れはクリニックによっても違いますが、検査と手術、その後のアフターフォローまではしっかりしてくれるクリニックを選びましょう。

保証をつけているクリニックもあります。