レーシックの種類

スポンサードリンク



レーシックと一口にいってもその種類はいくつかあります。

主なものは

レーシック

イントラレーシック

エピレーシック(Epi-LASIK)

ウェーブフロントレーシック

PRK

などがあります。

それぞれを簡単に以下に説明していきます。


レーシック

角膜表面にフラップと呼ばれるフタをつくって、その角膜の表面をレーザーでけずって屈折を矯正する方法です。
短時間で痛みも少なく、視力回復効果があります。


イントラレーシック

レーシックとイントラレーシックの違いは、最初のフラップの作り方にあります。

レーシックでは、フラップを作る際、マイクロケラトームという機械(電動メス)を使いますが、イントラレーシックでは、最新のイントラレースFSレーザーなどの高性能レーザーでフラップをつくる方法がとられています。
コンピュータ制御でフラップがつくれるので、施術者の腕に左右されにくく、手術の精度が高いといわれています。


エピレーシック(Epi-LASIK)

エピレーシックでは、フラップを作るときに、レーシックのマイクロケラトームではなく、エピケラトームという機械を使い、通常よりも薄いフラップを作ります。

エピレーシックの特徴はこの薄いフラップにあります。
レーシックは角膜をけずる手術なので、角膜が薄い人は受けることができません。
エピレーシックはレーシックよりも薄いフラップなので、角膜が薄い人や強い近視の人でも受けられるというメリットがあります。


スポンサードリンク


ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、個人の眼の状態に合わせて行うレーシック治療のことで、要するに「オーダーメイドのレーシック」といったところです。

ウェーブフロントアナライザーという精度の高い機器で検査を行った上で、レーザー治療を行います。
角膜の形など目の状態は人によって違います。

価格は、通常のレーシックより高めですが、個人個人の眼の歪みなどにあわせて治療を行うことができるので、視力回復の効果が期待できる方法です。


PRK

レーシックの以前は、近視治療として主流だったのがPRKです。
フラップを作成せずにレーザー治療する方法で、術後に痛みがあることと視力安定に時間がかかることがデメリットでした。
現在は、短時間で、痛みもほとんどないレーシックが主流になっているので、PRKはあまり行われていません。


このようにレーシックや近視治療の種類にはいろいろあります。
それぞれの方法にメリットやデメリット、リスクなどがありますので、自分に合った方法を医師に相談して受けると良いでしょう。