視力の低下とレーシック

近視はなぜ起こるのか?

忙しい現代人は、

「メガネやコンタクトをつけないとよく見えない・・」という人は多いです。

よく見えないというのは、視力が低下しているということなのですが、

よく見えないと一口にいっても症状は様々で、近視や遠視、乱視などと分けられます。

現代人の生活では目を使うことが多く、視力が低下していくことがあるのです。

視力が良い、物がはっきり見える状態を正視といいます。

それに対して、よく見えない目の状態のことを症状によって、近視や遠視・乱視の3つにわけられます。

これらはそれぞれ見える状態が違うのですが、どれも屈折異常、つまりピントが合わないのが原因といわれています。


近視とは

近視とは、近くにあるものは見えるけれど、遠くにあるものがぼやけてみえる状態のことです。

通常は、網膜のところでピントが合わないといけないところを近視は、正視の状態よりも前の方でピントがあってしまうためになります。

こうなる理由は、角膜の屈折する角度が強いためにこういう状態になってしまうのです。


遠視とは

遠視とは、遠くは見えるけれど、近くのものがぼやけて見える状態をいいます。

近視とは反対で、網膜のところでピントがあわないといけないところを網膜より後方で商店があってしまうためになります。

乱視とは

乱視は、焦点が合う位置が一定ではなく、いろいろなところで焦点が合ってしまう状態です。
そのため、物がぼやけたり、二重に見えるようになったりする症状がでます。

なぜ焦点がずれてしまうのか?

眼はカメラのようなものとよく例えられます。

カメラのようにピントを合わせると、はっきり映像が移りますが、ピントが合わないとぼやけた映像になってしまいます。

眼もそれと同じような働きになっています。

眼が見えるしくみは簡単にいうと以下のようになります。

1.光が角膜から入り、水晶体を通って、屈折します。

2.屈折した光は網膜に到達して、そこで焦点が合うと映像が見える

ですので、基本的に近視や遠視、乱視などになるのは、屈折が上手くいかず、きちんとピントが合わないことで起こります。


レーシックは屈折異常を矯正する治療

これら、近視や遠視、乱視などは屈折異常が原因となっています。

それをレーザーによって治療するのがレーシックです。

レーシックは少し前までは、スポーツ選手や芸能人など特別な人が受ける手術というイメージでしたが、近視治療として、短時間で安全度が高い施術ができるようになったことで、一般の人に急速に広がっています。