レーシックのデメリット

スポンサードリンク



大切な目の治療なのですから、レーシック手術(近視レーザー治療)というのは心配して当然です。

「眼の手術なんてこわいな・・失敗しないのかな?」

「失明する危険はないのか?」

「術後に何か後遺症はないのか?」など

いろいろな心配点が出てくるでしょう。
後で後悔しないためにも、レーシックの安全度とリスク、デメリットについてもしっかり知っておく必要があります。

レーシック手術の失敗やリスクについて考えるときのポイントは3つあります。

1.レーシック手術自体の失敗と安全度

2.術後の合併症について

3.効果について 


この3つのポイントについて以下に説明していきます。


1.レーシック手術自体の失敗と安全度

まず、レーシック手術自体の安全度から。

レーザーに関する技術、レーシックに関する医療技術の精度は年々上がってきていて、世界でもレーシック手術で失明したなどの大きな事故についての報告はなく、手術自体の成否の安全度はかなり高いといえます。

もちろん、外科手術と伴うものですから、100%とは言い切れませんが、信頼のおけるクリニックでの手術であれば、安全度は高いです。

ですから、レーシック手術について失明するのでは?失敗するのでは?という心配については、可能性は限りなく低いのです。

レーシック手術についてリスクを認識するというのは、失敗よりも、むしろ次に挙げる合併症などについてのほうを意味します。


スポンサードリンク


2.術後の合併症について


レーシック手術を行った場合、下記のような症状の合併症が起きる場合があります。

・ドライアイ
・白目の充血
・異物感
・ぼやける
・ハロ・グレア
・角膜混濁

などです。

これらの症状については、起こる人と起こらない人がいます。

これらの症状は、術後一時的になることが多く、時間がたつと治るものがほとんどですが、まれに残ってしまうこともあります。

レーシックを受ける前にこれらのことについてよく知り、不安な点は医師に確認するなどしておきましょう。

合併症の詳しい症状などについては後述します。


3.効果について

レーシックのリスクの一要素として、効果の面も考えておかなければなりません。

レーシックは効果が早く出るというところが人気の理由ですが、それも個人差があり、翌日朝起きたら、視界がクリアになっていたという人から、安定するのに時間がかかったという人もいます。

レーシックの満足度は基本的に高いですが、まれにレーシックを受けても視力が思ったほどあがらないケースや時間をかけて近視が戻ってしまうこともあります。

これらの点も考えに入れ、検査のときなどに予め医師に確認しておくのも良いでしょう。